/鉄道コンセプト4人組アイドルのステーション♪2ndシングル歌詞に鉄道用語盛りだくさん

鉄道コンセプト4人組アイドルのステーション♪2ndシングル歌詞に鉄道用語盛りだくさん

鉄道コンセプト4人組アイドルのステーション♪2ndシングル歌詞に鉄道用語盛りだくさん
早くも2ndシングルをリリースしたステーション♪

 鉄道をコンセプトにした4人組アイドルグループ『ステーション♪』が17日、都内で2ndシングル『レッツゴー鉄道アイドル』(ジョリーロジャー)発売記念会見を開いた。

 三江彩花(17)、金城成美(17)、加藤一華(17)、南寧々(14)の4人で昨年9月に“連結”し“運行”が始まった『ステーション♪』。今年2月にリリースした1stシングル『ススメ。』では『TOMICA』のDVD『ぼくらのハイパーレスキュー1号、2号』になるなど、子供、家族、アイドルファン、鉄道ファンなど広範囲にアピールし、彼女らのシングル第2弾が“ホワイトデー”となる3月14日に発売された。

 駅員の制服コスチュームで登場した4人。『レッツゴー鉄道アイドル』を報道陣を前に披露し、金城は、「夢を追いかけて頑張っている女の子を歌った曲。歌詞には鉄道用語がたくさん入っているので、そこを聴いてほしいです」と、PR。

鉄道コンセプト4人組アイドルのステーション♪2ndシングル歌詞に鉄道用語盛りだくさん

 先月デビューシングルを発売したが、南は「秋葉原でチラシ配りをしていると、声をかけてもらえるようになってきました。この前は『2nd買ったよ!』と言ってもらえて嬉しかったです」と、上々の滑り出しだったそう。加藤も、「鉄道ファンの方々に認めてもらえるのか不安でしたが、徐々に知ってもらえてきていて嬉しい。これからもっと知っていただけるように頑張りたいです」と、意欲を燃やすと、今後の目標を「もっとたくさんの方に知っていただいて、レコード大賞の新人賞を目指します」と、金城が宣言することも。

 今後行ってみたい駅や路線については、三江が「『三江』つながりで、三江線に乗ってみたいです」と、島根(江津)と広島(三次)を結ぶローカル線の『三江線』という鉄道ファンにはたまらない路線を挙げたり、南も「都電荒川線が好きなので、そこで収録がしたいです」と、次のロケ場所を希望し胸を膨らませる。

 一方、加藤は、東日本大震災で被害を受けた三陸鉄道を挙げ、「復興した三陸鉄道に乗りたいので、募金活動を頑張ります」と、前を向くと、南も「三陸鉄道の復興のための募金活動も行っているのですが、直接現場を見たことがないので行ってみたいです」と、語っていた。

 スカパー!鉄道チャンネルで冠番組『鉄道のススメ。』を持つなど、その活動の幅を着々と広げている彼女らに、さらなる飛躍へ期待がかかる。