/小島慶子 インフルエンザでレギュラーラジオ番組休養

小島慶子 インフルエンザでレギュラーラジオ番組休養

 ラジオパーソナリティー・小島慶子(39)が、インフルエンザに感染し、パーソナリティーを務めるTBSラジオ『小島慶子 キラ☆キラ』(月?金午後1時?3時)を今週いっぱい休養することが8日、わかった。

 小島は7日から休んでおり、自身のツイッターでも、8日午前11時頃に「次男の看病で感染したようです。ワクチンに加え、次男発症と同時にリレンザの予防内服もしましたが、やられました」と、インフルエンザに感染した経緯をツイート。「医師曰くA型もB型も流行っており家族で感染も多いとのこと。解熱後の周囲への感染の可能性もあるので、今週いっぱい休養致します」と、治療に専念することをつづっている。

 同番組のホームページでは、7日はTBSの豊田綾乃アナウンサー(35)、8日は同局の水野真裕美アナウンサー(28)が小島の代打を務めた模様をアップ。

 小島は8日午後5時頃に「なんとか解熱しました。頭痛とのどの腫れがとれません」とツイートしており、まだ完治していないながらも、回復に向かっているようだ。