/大橋のぞみ芸能活動休止!子供らしく学校生活を充実させたい

大橋のぞみ芸能活動休止!子供らしく学校生活を充実させたい

 大ヒットしたアニメ映画『崖の上のポニョ』の主題歌を可愛い振り付きで歌って、ブレイクしたタレント・大橋のぞみ(12)が、来年4月から芸能活動を休止することが15日、分かったと、16日付けの日刊スポーツがスクープした。

 9歳7ヶ月と、当時史上最年少で出場した『NHK紅白歌合戦』から3年。現在、大橋は小学6年生で、来年4月から中学生になることを受け、当面、学業に専念するという。

 同誌が関係者に取材したところによると、「子供らしく学校生活を充実させたいと、1つの区切りとして、小学校卒業と同時に芸能活動を休止することを、以前から決めていたようだ」といい、大橋の後に続いた子役たちの活躍とは無関係だと強調したという。

 今年もドラマ『ハガネの女 season2』(テレビ朝日系)に出演したほか、うえのパンダ歓迎大使に就任し、上野動物園公認ソング『パンダのゆめ』を発売。さらに、初主演映画『大好きなクツをはいたら』も公開待機中でCMにも数社出演するなど、芸能活動は順調。

 しかし、大橋は以前に日刊スポーツが08年のブレイク中にインタビューしたときにも、「将来の夢を「保育園の先生になりたい」と話し、芝居や歌を続けていきたい気持ちは「ない」と、キッパリと語っていたという。

 将来、本人が望めば、芸能活動再開もあるが、当面は、普通の学生生活をエンジョイするという。