/紀香“恋人”にほとばしるようなエネルギー

紀香“恋人”にほとばしるようなエネルギー

 女優・藤原紀香(40)が主演するミュージカル『キャバレー』(演出:小池修一郎)の製作発表が14日、都内で開かれたと、15日付の東京中日スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ各紙が報じている。

 昨年の公演でセクシーな歌姫・サリー役が好調だったことから、紀香にとって自身初のミュージカル再演が決定。元『光GENJI』の諸星和己(41)も、昨年に引き続き、舞台となるキャバレー『キット・カット・クラブ』のミステリアスなMCを演じるという。

 今回サリーの恋人・クリフ役には、プロダンサーの大貫勇輔(23)が抜てき。大貫について、紀香は、「普段は普通の感じなのに、音楽が鳴ると、ほとばしるようなエネルギーが出てくる。大貫さんというニュースパイスが入って、カンパニーが刺激されています」と、手応えを感じている様子。大貫も負けずに、「プレッシャーは感じないというか、初めてのことばかりなのでとにかく楽しみです!」と、勢いよく返した。

 また、交際中の証券アナリストの乾牧夫氏について紀香は、取材陣から再婚の可能性を問われ、「とにかく今はクリフに恋をして、『キャバレー』に専念したいです」とけむに巻いていた。

 東京公演は来年3月2?18日、東京国際フォーラムホールにて。