/相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる

相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる

相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる
アフレコに臨んだ相武紗季

 女優、相武紗季(27)が9月27日、都内のスタジオで米映画『リンカーン/秘密の書』(監督:ティムール・ベクマンベトフ/配給:20世紀フォックス映画)公開アフレコを開いた。

 『アリス・イン・ワンダーランド』のティム・バートン制作。第16代エイブラハム・リンカーンが、実はヴァンパイアハンターだったという奇想天外な設定で、その生涯にわたって繰り広げられた“闇の勢力”との闘いが描かれる。相武は、リンカーンの妻でファーストレディーのメアリー夫人の声を担当する。

 アメリカの国旗が描かれた上着にシックな黒いロングブーツとスカートを合わせ登場した相武。さっそく、メアリー夫人のセリフ「それじゃあ、どうやってヴァンパイアを狩るの?」「あなたが何を隠しているのか知りたかったから…」などを感情を込めてアフレコ。

 演じてみての感想を、「とても芯があって強い女性だと思いました。生きる姿に共感できました」と口にし、「本編はいいものになっているのでぜひ、確認してください。年齢、立場の違ったメアリーを演じさせて頂きました。迫力のある作品です」と、PRしていた。

相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる

相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる
リンカーンと2ショットも

 囲み会見では、相武は、公開アフレコをしてみて緊張していたそうだが、報道陣から「ある意味ハリウッドデビューともいえますね」と言われると、「そういう形で嬉しいです。いつか行けるといいですね」と笑みも見せる。

 メアリー夫人を演じ、「妻になって年老いていくというので、声のトーンを高くしたりしています。声質も変わっていくんだなって」と、演技では幅を持たせたそうで、「あこがれの女性です」と、お気に入りな様子。

 夫人つながりで、そろそろ“夫人”になる予定はと尋ねられた相武は、「そうですね。あこがれはありますが、メアリー夫人みたく誰かを支えたりするというメンタル的に強い女性にはほど遠いです」と言いつつも、妻にはなりたいかと問われ「いつかは」と、結婚願望を挙げることも。

 最近、芸能界では結婚ラッシュだが、「いま考えられるお相手は?」との質問には「それはちょっと…」と詰まり、以前、報じられていた『TOKIO』長瀬智也(33)との関係を念頭に置いた質問でも「ちょっと…すいません。内緒です」と、かわすことに。

 それでも報道陣は負けじと「背の高いワイルドな方は?」と食い下がり、「みなさまのご想像にお任せします」と苦笑い。さらに、そこから3分近くにわたって、長瀬を連想させる質問が続いたが、明言することなくしのぎきっていた。

 『リンカーン/秘密の書』は11月1日より公開!

相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる
相武紗季
相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる
相武紗季
相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる
相武紗季
相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる
相武紗季
相武紗季「リンカーン」夫人吹き替えに挑戦!長瀬との交際質問3分以上しのぎきる
相武紗季