/【ロンドン五輪】競泳男子100M平泳ぎ!北島康介、6位で決勝進出に厳しい表情

【ロンドン五輪】競泳男子100M平泳ぎ!北島康介、6位で決勝進出に厳しい表情

 ロンドン五輪第2日目の28日、競泳では男子平泳ぎで3大会連続2冠を狙う北島康介(=日本コカ・コーラ、29)が100メートル準決勝に登場。

 北島は1組目に登場し、59秒69で4位。16人が2組に分かれ、上位8人しか決勝に進めないため、2組目の記録によっては、決勝に行けないかもしれないという、まさかの展開。

 キャメロン・ファンデルバーグ(南アフリカ)がオリンピックレコードの58秒93をマークするなど、決勝に進んだ8選手が1分を切るというハイレベルな予選。もうひとりの立石諒(= NECGSC玉川、23)は59秒93で10位となり、決勝進出を逃した。

 北島は状態を聞かれ、「記録上げられなかったんで何ともいえない。確認しないといけない。いい泳ぎができなかったと思ってます。予選よりはいい状態と思ったんですけど、決勝(に出場できるかは)ちょっとギリギリですけど、決勝に出れるチャンスがありましたら、全力で頑張りたい。全体的に(タイムが)伸びる要素があるかチェックしたい」と、厳しい表情で語った。