/バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ

バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ

バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!

 お笑いコンビ『バナナマン』の設楽統(39)と日村勇紀(40)が26日、都内で行われた『ニキビ疾患啓発キャンペーン 新CM発表会』にトークゲストとして出席した。

 新CMで、日村は特注のつなぎに身をつつみ、頭のてっぺんを赤く染めた金髪のかつらをかぶり“ニキビ”役を。設楽は白衣を着て真面目な“皮フ科医師”を演じている。劇中では日村演じるニキビにまとわりつかれ、繰り返しできるニキビに悩む女性を、皮フ科医師(設楽)が病院で診察し、原因を分析して「一緒に治しましょう」と励ますストーリーとなっている。

 この日、CMと同じ衣装でステージに登壇した2人、日村がさっそくCMで見せた“ニキビ”ダンスで報道陣を笑わせると、MCを交えたトークを展開。CM撮影の感想を聞かれた設楽が、「日村さんは“ニキビ”の妖精みたいなもんで、いるんだけど人からは見えないという設定。なので、自分としては普段どおりやった。いつもと変わらないから楽だった」と、笑顔でコメントすると「それちょっと悲しいな」と日村がツッコミ。

 その日村は、「ニキビですから、きたない、しつこい、気持ち悪いということで、あ、これはいつもどおりでいいんだ、と。このままでいいんだ、20年やってきて自分間違ってなかったんだ、と思いましたね」と、自虐ネタを含めて、自信満々。続けて、CMオファーがあった際には「ニキビ役、ついに来た、という感じだった、過去いろいろなモンスターを演じてきたがニキビだけはなかった」と、報道陣を笑わせると「日村さんは、人間の役以外のすべてをやるのが夢ですからね。撮影では女優さんに顔を近づける場面があったんですが、見てたら彼女、ちょっと顔をよけてましたから」と設楽がつけ加え、さらに笑いを誘った。

バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ

 ニキビ役を演じるにあたって、日村は、「ニキビと向き合って、真剣に考えました。気持ち悪さを出し切れたCMだと思います。撮影のときに、クライアントの女性スタッフさんがたから“可愛い”という声が上がって。可愛いじゃダメだと困った。あと、ダンスはすべてアドリブで。ニキビを通じて、『バナナマン』を今後もよろしくお願いします。という意味を込めた」と、最後はちょっとトボけたコメントで会場を沸かせた。

 最後に、日村が「みなさん、『ニキビは皮フ科』この言葉を朝起きたら大きな声で言いましょう」と、最後までギャグを散りばめ、設楽が要所をしっかりフォローするという形で、「ニキビで病院?というのではなく、ニキビは皮ふ科に。気楽に、早めに行って相談を」とメッセージをPRし、賑やかにステージをあとにした。

バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ

 ガルデルマ株式会社と塩野義製薬株式会社が2010年より取り組んでいるニキビの疾患キャンペーン。バナナマンの2人が登場する新テレビCM(15秒編2種)は7月1日より全国オンエア開始。

バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
皮フ科医師役の設楽
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
ニキビ役日村、ニキビダンスで登場
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
バナナマン・設楽
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
バナナマン・日村
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
クイズに答える形式のトーク
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
使っているマイクを見ると答えが
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
報道陣を笑わせる
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
笑いが絶えないトーク
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
「ニキビループ編」CMカット
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
「隠れニキビ編」CMカット
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
CFメイキングシーン
バナナマン日村「可愛い」の声に困惑!自分間違ってなかったんだ
CFメイキングシーン