/なかにし礼氏 生放送で食道がん告白「初期より進んでいます」

なかにし礼氏 生放送で食道がん告白「初期より進んでいます」

 作家で作詞家のなかにし礼氏(73)が5日、コメンテーターを務める情報番組『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)で、食道がんであることを発表した。

 番組終了間際、私事と断って、なかにし氏は「先日、調子が悪かったので、胃カメラを飲んだら、食道がんがあると言われました。初期というわけでなく、もうちょっと進んでいます」と、約3分間にわたり告白。

 6日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、関係者の話では、なかにし氏は先月17日に「胃のあたりが重い感じがする。いままでにない感じだ」と話し、同24日に検査し食道がんとわかったという。精密検査で、「ステージ2」と診断された。

 なかにし氏は、すべての仕事をキャンセルし、闘病生活に入ることも明かした。同番組もしばらくの間休養となる。