/国生さゆり バレンタイン婚を報告!「今朝も“バレンタイン・キッス”しました!」

国生さゆり バレンタイン婚を報告!「今朝も“バレンタイン・キッス”しました!」

kokusho_05
左手薬指にはハリーウィンストンの婚約指輪

 タレント・国生さゆり(45)が14日、都内・六本木ブルーマンシアターで行われた『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』バレンタインデーイベントに出席。コンサルタント会社社長・甲田英司氏(38)と、きょう14日入籍したことを明かし、左手薬指に婚約指輪を光らせ喜びを語った。

 イベント終了後、ショーを甲田氏とともに客席で楽しんだ国生は、ピンクのドレスで囲み会見に登場。3人のブルーマンから入籍を祝福するバラの花束をプレゼントされ、「ありがとう!」と幸せオーラ全開のスマイルを見せる。

 まず、「本日、私、国生さゆりは甲田英司さんと入籍いたしました。みなさまお待たせしました」と自身の口から改めて結婚報告。2人で婚姻届を提出したが、「あまり実感がない」とのことで、「まごまごしましたね。書類も全部揃っているのかとか」と慌てたよう。「そのときはまだ国生さゆりだったので、これからメモ書くときとか実感するんでしょうね」と、苗字が変わった喜びを語る。

 左手薬指に輝いていたハリーウィンストンの指輪は、今月甲田氏からプレゼントされた婚約指輪。「向こうが照れて、『ハイ』って渡されました。ハリーさんって観音開きなんだ!って感動しましたね」とその状況を振り返り、カラット数は明かされなかったが、「この大きさは愛の大きさではないでしょうか」とおのろけ。
kokusho_03

 プロポーズについて聞かれ、「最初に出会ったときから『結婚してください』と言われていたので。3年間いろんなことがあって、その度ごとにもらった言葉がプロポーズだと思います」と返答。いきなり求婚されたことを「最初、引きましたよ。この人面白い人だな?って。私の周りにはいない人だった」と笑いにしつつ、「きょう『何もかも守っていくので、一人で頑張る必要もないから、好きなことだけやっていればいいよ』と言われました」と温かい言葉を甲田氏からもらったことを語り、瞳を潤ませる。

 報道陣に「朝の“バレンタイン・キッス”は?」と、自身のヒット曲にちなんだ質問を受けると、「ありましたよ! ちゃんとチョコレートを渡して、『バレンタイン・キッス』のサビだけ歌いました。照れますね」とラブラブぶりを見せつけた。

 先にバレンタインデー入籍を決めていたという珍しいかたちだが、「ウチの主人らしいこと。微笑ましいことです。主人が決めることなので、それについていけばいいと思っていたけど、もうちょっと早く結婚したかったですね」と、本音もチラリ。

kokusho_02
ブルーマンから青いバラのプレゼント!

 改めて、甲田氏の好きなところを「何事も私のことを考えて行動してくれる。統率力がある人なので、尊敬できる」と語り、甲田氏が国生の好きなところについては、「すべてじゃないでしょうか。いいことも悪いことも含めて、しょうがないと受け止めてくれる優しさがある。ケンカもしたけど、ケンカにならないですね。彼が右から左に受け流すから」と説明。

 今後は、「ゆったりとした優しい家庭を作っていきたいですね。2人とも激しい仕事をしているので、家に帰ってきたときぐらいは優しい気分になりたい」と青写真を描き、お子さんの予定についても、「もちろんです! 頑張ります」と積極的だった。

 最後に、報道陣に「何婚ですか?」と聞かれ、「ほだされ婚?」と形容。「バレンタイン婚じゃなくて?」と突っ込まれ、「あっ、それにして!」と慌てて訂正していた。

 『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』は、3月31日まで同所で開催。

 

 

kokusho_01
ピンクのドレスで登場
kokusho_04
感極まり瞳を潤ませる場面も