NO IMAGE

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
ラジオチャリティーを完走した大竹しのぶ

 女優・大竹しのぶ(55)が25日、東京・ニッポン放送の「イマジンスタジオ」で、24日からメインパーソナリティを務める「第38回 ラジオ・チャリティー・ミュジクソン」を無事に完走。番組終了時点での今回の募金総額は5194万8859円となった。なお、募金の受付期間は、2013年1月31日まで継続している。

 また、募金へご協力を頂いた全ての方へお礼の意を表すために、「筑波大学附属視覚特別支援学校」の生徒たちから合唱のプレゼントが贈られ、同校の卒業生で、2012年夏に行われた『ロンドンパラリンピック』で、女子競泳100メートル背泳ぎで金メダルを獲得した秋山里奈選手(25)が、サプライズゲストとして登場した。

 24日、正午にスタートした「ミュージクソン」も残り1時間となった午前11時、さすがに、やや疲労感を漂わせながらスタジオに入ってきた大竹だったが、「筑波大学附属視覚特別支援学校」の小学1年生から6年生までの生徒21人の姿を見ると笑顔に。しゃがみ込み、子どもたちの目線にまで下がって、肩や手に触れながら、一人ひとりに声をかける。

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物

 午前11時時点での募金額が4542万1419円と発表されると、「4500万円分の『ありがとう』ってどう言ったらいいんですかねぇ」と、感激。続いて、この募金が、必ず目の不自由な方に使われますという証として、「音の出る信号機一式」「声の出る図書一式」「視覚障害者用教育機器一式」と書かれた目録という形で引渡しが行われた。

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
目録をニッポン放送社長に手渡す

 大竹から、「よろしくお願いいたします」という言葉を添えて、実行委員長であり、㈱ニッポン放送代表取締役社長の村山創太郎氏に目録が渡された。さらに、それが、村山氏から、全日本交通安全協会理事長と点字図書館理事長へと贈呈された。CM中、大竹も、2人にかけよって、「よろしくお願いします」と、お礼とともに握手を交わす。

 そして、募金に対してお礼を述べるために、「筑波大学附属視覚特別支援学校の生徒さんたちがイマジンスタジオにいらしてます」と、ニッポン放送の垣花正アナウンサーが紹介する。

 大竹は、「こんにちはー」「大丈夫?緊張してないですか?」「これからみんなに歌を唄ってもらうんだけど、大丈夫ですか?」「自信はありますか?」との問いかけに、「はーい」「大丈夫ー」と、元気に応える子どもたち。

 その様子を微笑ましい表情を浮かべながら見つめた大竹は、「昨日、サンタクロースさんは、お家に来ましたか?」と、問いかけると、子どもたちに近づいていき、「何もらったの?」と、ひとりひとりの名前を呼びながら声をかけていく。「ボクも「「私も」と、積極的に、もらったプレゼントを大竹に語っていく子どもたち。

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
「筑波大学附属視覚特別支援学校」OBの秋山里奈選手

 また、サプライズゲストとして、同学校の卒業生であり、今夏に行われた『ロンドンパラリンピック』で、女子競泳100メートル背泳ぎで金メダルを獲得した秋山里奈選手(25)が登場。

 垣花アナから、「金メダルを下げてこのスタジオに来てくれてます。金メダル触りたい人~」と声をかけると「はーい」と、みんな手を挙げる。表も裏も大事そうに触る子どもたち。その様子を見ていた大竹も、「みんなの先輩がオリンピックで金メダル取ったんだよぉ~すごくないですか?」というと、「私も触ってもいいですか?」と、語る。そして、「すっごい重~い」と、感想。

 秋山選手は、「今回、募金に協力して下さった皆様。本当に本当に有難うございます。私たち、視覚障害者が安心して、安全に街を歩けるように、みなさまからの募金を生かしてもらいたいと思います。今後も、まだまだ募金を受け付けておりますので、私たちのために温かいお気持ちをお願いします」とあいさつ。

 現在、大学院で法律を勉強しているそうで、「水泳は3歳から20年ちょっと。これから、来年4月に社会人になって、何年かかるかわからないですが、しっかり仕事を覚えて、いつか周りの人に信頼して任せてもらえるような立派な大人になれたら」と、これからの目標を語った。

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
子どもたちの歌に拍手を送る大竹

 大竹が楽曲『MIDORI~繋がる輪~』(作詞・作曲菊本るり子)の詩を朗読し、その後、支援学校の生徒たちが生唄で合唱。

MIDORI ~繋がる輪~

ぼくたちは 忘れない  やわらかな 土のぬくもり
そこに生きる いく億もの 目には見えぬ なかまたち
ぼくたちは 忘れない  回り続ける 命の輪
すべては 生まれ輝いて いつか 土に還る

その恵みを受けて 空へ 空へと 伸びてく みどりたち
さわやかな風が 優しく ぼくたちを つつむよ

ぼくたちは 忘れない 空と 大地と 海とを
恐竜の昔から ずっと 旅する 雨水たちよ
ぼくたちは 忘れない 雨は大地に 降り注ぎ
すべての命 潤して  いつか 空に還る

その恵みを受けて 空へ 空へと 伸びてく みどりたち
やわらかな光 優しく ぼくたちを つつむよ

繋がってく ひろがってく 
心おどる すてきな出会い
人と人 町と町 時を超え 海を越え
みどりがつなぐ 心と心 世界中のなかまたち

このみどりの星で 
このみどりの星で

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
大竹(左)と秋山選手(右)はじっと子どもたちの歌に聞き入る

 生徒たちの歌声に大竹は、「すごい、完璧だったと思います。ほんとうに素晴らしい歌を有難うございます」と、感謝の言葉を述べた。

 秋山選手は、「みんなきれいな声で元気いっぱい歌ってくれて、私もすごく元気をもらいました」と、感激。大竹は、「みんな、パラリンピックの金メダリストに元気をあげたんだよ!本当にありがとう」と、生徒たちに感謝の言葉を送った。

 放送終了後、大竹は、「みんなに声をかけたいけど」と、その場を離れがたいような感じで、何人かの子どもたちに声をかける。子どもたちの元気な歌声で気力を充電し、ラストスパートとなる残り30分の放送へと向かっていった。

 そして、大エンディングでは、番組中から、「電話を取りたい。みんなと握手したい」と、スタッフに語っていたという大竹は、終了直前に、やっと願いが叶い、1階の玄関に降り、募金に訪れたリスナーから「ありがとう、ありがとう」と、大歓声を受ける。

 それを受け、「募金をしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。24時間の生放送中に、リスナーの方とお電話でお話すると、皆さんから『(パーソナリティ)頑張って、ありがとう』って励ましてもらいました。私たちが『ありがとう』って言わないといけないのに・・・。垣花(正、ニッポン放送アナウンサー)と私は何もしてません。『ありがとう』と言われて・・・」と言うと、「そんなことないよー」と温かい声と拍手が起こる。

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
子どもたちの元気な歌声に笑顔の大竹

 いよいよ、正午までのカウントダウンが始まると、「手をとって握手をして、目を見てありがとうといいたい。ラジオを通してたくさんの人にありがとうと言える番組を作れたことを私の宝物にしたいと思います。日本人って、私たちって、本当にやさしいんだ!って事を教えてもらいました。この番組がこれからも続いて、つながって、子供たちの未来の役に立てばと思います」と、24時間完走した思いを、胸いっぱいの感動とともに語った。

 同ミュージクソンは、1975年からスタート。目の不自由な方へ音の出る信号機を設置することを呼びかけることを目的としたもので、24時間にわたって放送される。これまでの募金額は40億7829万1073円に上り、『通りゃんせ募金』に寄付され、2095基の『音の出る信号機』を設置した。かつて故・森光子さん、萩本欽一、中居正広、田中麗奈、長瀬智也、ゆずらがパーソナリティを務めている。

■『第38回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』概要
・メインパーソナリティ:大竹しのぶ
・アシスタント:垣花正
・主な出演ゲスト:ゆず、萩本欽一、中野泰志教授、笑福亭鶴瓶、榊原郁恵、阿部寛&行定勲監督、清水ミチコ、久本雅美、高橋優、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、T.M.Revolution 西川貴教、IMALU、高嶋ひでたけ、増田太郎、松村邦洋、三宅裕司

・募金受付電話番号: 0570-08-1242
・募金キャンペーン期間:2012年11月1日~2013年1月31日

 

大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
子どもたちを前に最後のひと頑張り!
大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
子どもたちの目線になって声をかける


大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
本番が始まればこの元気!
大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
社長が目録を読み上げ、関係者に手渡す


大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
目録が渡された関係者にあいさつする大竹
大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
クリスマスプレゼントは何もらったの?


大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
子どもたちの歌に元気をもらった2人
大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
金メダルを触った「重~い」


大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
子どもたちも興味津々
大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
金メダルの感触を確かめる子どもたち


大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
「ロンドンパラリンピック」金メダリストの秋山里奈選手
大竹しのぶ、「24時間ラジオチャリティー」完走!ありがとうと言える番組を作れて私の宝物
帰り際にもあいさつをする大竹
広告

OTHER最新記事