/林家木久扇自宅で転倒し、大腿骨骨折

林家木久扇自宅で転倒し、大腿骨骨折

 落語家の林家木久扇(83)が24日、自宅の仕事場で転倒して骨折し、今月29日に出演予定だった『さっぽろ落語まつり』を欠席することが25日、わかった。

 同日、日本テレビが報じており、木久扇は24日の夕方、自宅の仕事場でつまずき、転倒。その日のうちに病院で診察を受け、大腿骨骨折と診断された。全治は未定で入院は3週間程度を予定しているという。

 木久扇は「リハビリを頑張って、早く笑点の舞台に復帰したい」とコメント。レギュラー番組の『笑点』(日本テレビ系、日曜・午後5時30分~)については、6月27日(日)の放送分まで収録済みだが、以降の出演に関しては、回復具合をみて検討していくとのこと。