/手塚とおる 50代で結婚していたことを公表

手塚とおる 50代で結婚していたことを公表

 俳優の手塚とおる(58)が、16日放送の『なりゆき街道旅』(フジテレビ系、日曜・正午~)で、結婚していたことを明かした。

 番組内で『ハライチ』澤部佑(34)から「手塚さん結婚されてるんですか?」と質問された手塚は、「してます。遅いんですけどね。50過ぎてからなので」と、50代になってから結婚していたと返答。相手は一般人とのことだが、出会いについては、「何だかんだ知り合いではあったんです」と説明した。

 また、自身のことを「ずっと自分は結婚しないと思ってた。向いてないんで。自分は変人なので」と分析し、「その方は、わりと僕を泳がせてくれます」と話した。

 結婚を公表しなかったことについては、「役者は芸能人じゃないと思っているので。みんないつ言うんだろう。言うタイミング難しくないですか?」と逆質問する場面も。プロポーズについて聞かれると、「ないと思いますね。ここにサインして、みたいなのはあったかも。奥さんに言われて」と振り返り、「その時に鉛筆で書こうとしたら、『鉛筆じゃダメ』と言われて。消せるらしいですね」と婚姻届に鉛筆で署名しようとした微笑ましいエピソードも明かした。