/猫ひろし ロンドン五輪出場消滅!国際陸連がカンボジアに通達

猫ひろし ロンドン五輪出場消滅!国際陸連がカンボジアに通達

 昨年10月、カンボジア国籍を取得し、同国のロンドン五輪男子マラソン代表に選ばれたタレント・猫ひろし(34)だったが、同五輪に出場できなくなったことが8日、わかった。

 国際陸上競技連盟(IAAF)が7日付、カンボジア陸連(KAAF)に「猫が国際競技会にカンボジア代表で出場できるのは今年10月以降」と文書で通達。同国五輪委員会(NOCC)のワット・チョムラーン専務理事は、「これ以上は抵抗しない。決定に従う。早急に人選して別の選手を派遣する」と、猫の五輪不出場を明言した。

 9日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、IAAFは国籍変更選手の参加資格について、過去に国際競技会で代表経験がない選手についても、今年から新たな規定を導入。国籍取得後、1年が経過していない場合は、(1)連続した1年の居住実績(2)IAAF理事会による特例承認のいずれかが必要とした。

 猫は日本でのタレント活動もあり、カンボジアでの連続した1年の居住実績がない可能性が高い。カンボジア側は、4月12日にIAAFから参加資格について照会を受けた際、「09年からカンボジアに住み、ビジネスをしている」などと主張。猫サイドがNOCCと共催の形で、同国に「プノンペン国際ハーフマラソン」を立ち上げた実績もあったが、主張は受け入れられず、特例の申請も認められなかった。

 所属のWAHAHA本舗関係者は、「何の連絡も受けていないし確認もできていない。正式な連絡があれば対応したい」とコメントした。