/長谷川理恵、破局後初!東尾理子の妊娠には触れず

長谷川理恵、破局後初!東尾理子の妊娠には触れず

赤ちゃん柄のTシャツで女性4000人とラン

 タレントの長谷川理恵(38)が4日、都内で行われた『第2回渋谷・表参道Women’s Run』にゲストランナーとして参加した。

 この日は元恋人の石田純一(58)が妻・東尾理子(36)の妊娠報告会見を都内で行う予定だが、奇しくも長谷川は赤ちゃんがプリントされたスポンサーのエビアンの“ベイビーTシャツ”を着用しながらのランニング。驚きの偶然だったが、石田についての質問には答えることはなかった。

 ランニングウェア姿の長谷川は「女性ばかり4000人のレースということで私も楽しみにしていました。元気よくみんなでゴールしましょう」と開会のあいさつ。女性ランナー4000人と一緒に渋谷から表参道までの10キロを走り抜けた。

『第2回渋谷・表参道Women's Run』

 笑顔でゴールした長谷川は「本当に楽しいかったです。もうちょっと走りたいなという感じです。コースも素晴らしかったです」とコメント。ランを楽しむコツを聞かれると「それぞれのレベルに合わせて無理をしないことが大切。笑って走るぐらいがちょうどいいと思います」と語った。

 明治神宮の中を走る特別コースには「アップダウンが激しくて膝にきました」と苦笑しながら「参道を通ったら鳥肌立っちゃいました。すごくいい大会で楽しかったです」と爽やかに報告。あいにくの寒さの中だったが「こういう日こそじっくり水分を補給しましょう」と呼びかけていた。

 報道陣から「コンディションはどうですか?」と聞かれると「バッチリです。楽しかったです」とニッコリ。先日ブログで俳優の神田正輝(61)と破局後初の公の場だが、「神田さんのとはゴールできませんでしたが?」の声には思わず苦笑い。「吹っ切れた?」の質問には「はい、元気よく」と答え新たな恋については「まだないです」と笑顔を振りまいていた。

長谷川理恵
『第2回渋谷・表参道Women's Run』
『第2回渋谷・表参道Women's Run』
『第2回渋谷・表参道Women's Run』
『第2回渋谷・表参道Women's Run』
『第2回渋谷・表参道Women's Run』