/レディー・ガガいじめ撲滅へ財団設立!他者を守り力づける世界

レディー・ガガいじめ撲滅へ財団設立!他者を守り力づける世界

 世界的人気の米女性歌手レディー・ガガ(25)が、非営利団体(NPO)を設立し、いじめ撲滅運動に乗り出すことが3日、分かった。

青少年を力づけ、いじめ防止の啓発などを目的としているといい、「ボーン・ディス・ウェイ財団」との名前に決まっているという。

 財団設立のきっかけについて、今年9月に米ニューヨーク州在住の少年(14)が、同性愛者であることを理由に学校でいじめられ自殺した事件に端を発しているそう。

 4日付のデイリースポーツ、東京中日スポーツ、スポーツ報知、スポーツニッポン、日刊スポーツ各紙が報じており、少年がガガの歌に勇気づけられていたという話を聞き、号泣したガガは、ツイッターに、「ものすごく怒っている。いじめは法律で禁じるべき。大統領に会うわ」と義憤。実際に9月25日にオバマ米大統領のパーティーに出席し、「いじめをなくすために何とかしてほしい」と直訴していた。

 自身も中学時代にいじめにあったことを告白していたガガは、「勇気と思いやりの規範を作り上げて、他者を守り力づける世界を形成して、いじめや仲間外れに対抗したい」と、コメントしている。