/柔道金メダリスト・内柴容疑者逮捕に波紋で県民栄誉賞がはく奪

柔道金メダリスト・内柴容疑者逮捕に波紋で県民栄誉賞がはく奪

 準強姦(ごうかん)容疑で逮捕、送検された柔道五輪金メダリスト・内柴正人容疑者(33)が、熊本県から授与された2つの県民栄誉賞をはく奪されていたことが8日、分かったと、9日付のスポーツ報知、サンケイスポーツ、日刊スポーツ各紙が報じている。

 内柴容疑者は、九州看護福祉大(同県)で女子柔道部のコーチを務めていながら、部員に飲酒させ、セクハラ行為をしたとして懲戒解雇された上、準強姦容疑で逮捕されている。

 同賞に取り消し規定はなかったが、8日に熊本県の蒲島郁夫知事が記者会見し、「栄誉を著しく失墜させ、県民栄誉賞としてはふさわしくないと判断した」と、同賞を取り消した理由について語った。

 内柴容疑者は、2004年アテネ五輪と08年北京五輪の2大会連続で金メダル。アテネ五輪後に県民栄誉賞、連覇した北京五輪後には新設された県民栄誉賞の「特別賞」を贈られていた。