/戦禍のウクライナの真実を伝える名匠ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督の2作品を同時に6月25日より緊急劇場公開へ
戦禍のウクライナの真実を伝える名匠ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督の2作品を同時に6月25日より緊急劇場公開へ

戦禍のウクライナの真実を伝える名匠ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督の2作品を同時に6月25日より緊急劇場公開へ

戦禍のウクライナの真実を伝える名匠ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督の2作品を同時に6月25日より緊急劇場公開へ

 2022年2月24日のロシアによるウクライナ侵攻から2ケ月以上経った今もなお戦禍にあるウクライナ。このたび、ウクライナ映画界の俊英として世界中の期待を集めるヴァレンチン・ヴァシャノヴィチが監督・脚本・撮影・編集・製作を手がけた『アトランティス』(2019)と『リフレクション』(2021)の2作品を、緊急公開することが決定した。

 6月25日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開となる。

 また、それぞれの作品のポスタービジュアルも決定した。

 2025年を舞台に、元兵士の“生”のはかなさと“愛”の尊さを描いた近未来のディストピア映画『アトランティス』と、敵の捕虜となった外科医の運命を、純真な少女の視点を交え、驚くべきショットの連続で凝視した『リフレクション』。
 『アトランティス』では“戦争終結後の2025年”が、『リフレクション』では“戦争のはじまりの2014年”が描かれ、今年2月24日のはるか前から戦争が行われ、ウクライナはその脅威にさらされてきたという事実を我々にまざまざと知らしめる。
 監督のヴァレンチン・ヴァシャノヴィチは、ウクライナ映画史上屈指の傑作との評価を得た『ザ・トライブ』(14)に製作・撮影・撮影で参加するなど、ウクライナを代表する映画人として高く評価されている。

 『アトランティス』は2019年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門作品賞、2019年東京国際映画祭審査委員特別賞をそれぞれ受賞し、2020年の米アカデミー賞長編国際映画賞ウクライナ代表に選ばれ、『リフレクション』は2021年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に選出されるなど、いずれの作品も世界的な注目を集め、高く評価されながら、これまで日本では劇場公開されなかった。
 今年3月、この2作品の上映およびウクライナ映画人支援のための寄付を集めるクラウドファンディングが「ウクライナ映画人支援上映 有志の会」により行われ、目標額を上回る5,994,500円を集め、3月29〜31日の3日間、東京・渋谷のユーロスペースとユーロライブにて上映された。上映後の満足度も高かったものの、限定上映ゆえに鑑賞を希望しながらも叶わなかったという声も多く、このたび満を持しての劇場公開となった。
 ヴァシャノヴィチ監督独自の研ぎすまされた写実性と様式美が融合した映像世界は、かすかな希望のありかを模索しながら、ウクライナの今を【目撃】することを我々に要求する。これまでウクライナが辿ってきた過去と、これからのウクライナが辿るであろう未来を鮮明に映し出した珠玉の2作を、どうかスクリーンにて目撃していただきたい。

 なお、2月のロシア侵攻以降、ヴァシャノヴィチ監督はカメラを携え、戦禍の現実を撮影していると伝えられている。彼の無事を祈らずにいられない。

 ■『アトランティス』
 【監督・脚本・撮影・編集・製作】ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ
 【出演】出演:アンドリー・ルィマルーク、リュドミラ・ビレカ、ワシール・アントニャック
 2019年|ウクライナ映画|ウクライナ語|109分|シネスコ|デジタル5.1ch|原題:Атлантида|英題:Atlantis|日本語字幕:杉山緑
 字幕監修:梶山祐治|字幕協力:東京国際映画祭|協力:ウクライナ映画人支援上映 有志の会 
 提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム
 ©Best Friend Forever

 ■『リフレクション』
 【監督・脚本・撮影・編集・製作】ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ
 【出演】ロマン・ルーツキー、アンドリー・ルィマルーク、ニカ・ミスリツカ
 2021年|ウクライナ映画|ウクライナ語・ロシア語|126分|シネスコ|デジタル5.1ch|原題:Відблиск|英題: Reflection|日本語字幕:額賀深雪
 字幕監修:梶山祐治|協力:ウクライナ映画人支援上映 有志の会 
 提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム
 ©Arsenal Films, ForeFilms

 

戦禍のウクライナの真実を伝える名匠ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督の2作品を同時に6月25日より緊急劇場公開へ


戦禍のウクライナの真実を伝える名匠ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督の2作品を同時に6月25日より緊急劇場公開へ