ドラマ 2013年10月01日11時05分

関ジャニ村上 初ドラマ化『ハクション大魔王』主演!主題歌もカバー


 1969~70年に放送された人気アニメ『ハクション大魔王』が、『関ジャニ∞』の村上信五(31)主演で、初めて実写ドラマ化されることが30日、わかった。

 『ハクション大魔王』は、タツノコプロが制作し、放送から40年以上経ったいまでも語り継がれるギャグアニメ。くしゃみの音がすると、「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!」と、ハクション大魔王がつぼの中から飛び出し、娘のアクビちゃんとともに人々の願い事をハチャメチャな魔法でかなえる物語だ。ドラマはフジテレビ系で今秋放送予定で、春に撮影され、アニメのエピソードを基に現代的アレンジを取り入れた約2時間番組になるという。

 1日付のサンケイスポーツが報じており、大きな鼻や耳など顔は1時間半かけて特殊メークで作り、本物に似せた村上は、大魔王のセリフの語尾「ごじゃる」にこだわりながら、「意外と違和感がないなって思いました。役にスッと入れました」と、手応えをつかんでいた。さらにアニメ主題歌「ハクション大魔王の歌」が主題歌に起用され、村上がカバーすることも決定している。