俳優・女優 2015年07月11日19時15分

池脇千鶴が太っていた理由を告白!「服がきつくなっていって…」


池脇千鶴が太っていた理由を告白!「服がきつくなっていって…」

池脇千鶴が太っていた理由を語った

 女優・池脇千鶴(33)、俳優・高橋和也(46)、呉美保監督(38)が11日、東京・テアトル新宿で映画『きみはいい子』(配給:アークエンタテインメント)トークショーを開いた。

 作家・中脇初枝氏のベストセラー作品で第28回坪田譲治文学賞、2013年本屋大賞第4位に輝いた。映画『そこのみにて輝く』の呉監督が、ネグレクトされる子どもたちや、虐待してしまう母親、痴呆症におびえる孤独な老人らと真正面から向き合い、一筋の希望を得る姿までを描く。本作は6月27日より公開されているが、好評を博しており、その声に応えてこのたびのトークショーとなった。

 黒のワンピース姿で登場した池脇。高橋とは、『そこのみにて輝く』では“因縁の仲”で、本作では少し分かりづらくはなっているが夫婦役だそうで、池脇は「不思議なんですけど(撮影で)ほとんどお会いしていないんです。家族写真を撮るというシーンだけお会いして」と、状況を。

 呉監督は「この作品ではせめてという気持ちで。前作では憎みあった2人が人助けをする」と、本キャスティングへの思い入れを。

 劇中で、池脇はダサいオバサンを演じることになるが、実はプロデューサーから役作りでお願いされたことがあったのだとか。「『太ってくれ』と言われたんです。言うのは簡単でしょうよ(笑)。そのとき別の作品を撮ってて、その作品とのつながりが難しくなると言ったんですが、『そんなの関係ない』と言われて(苦笑)。出演している作品の服がきつくなっていって。最終的にここまで太れませんというところまで行きました」と、役作りのために太っていた理由をおなかのあたりを指さしながら、臨場感たっぷり説明。

 さらに、呉監督の元にはその池脇が太る努力をしているかの情報が入っていたそうで、「池脇さんいま焼き肉食べてますという話が来てましたよ」と、裏話も披露していた。

 また、この日は、スタッフ陣の手を焼かせたという“暴れん坊”のひかる役を演じた佐々木実琴くんが来場していたため、池脇がおいでおいでと手招きで壇上に呼び寄せることに。クランクアップ後に「こんな役やりたくなかった」と実琴くんが話していたエピソードが語られ、呉監督は、「ここでそれ言う!って(笑)」と、振り返り楽しそうな様子を見せていた。

 映画『きみはいい子』は好評上映中!

池脇千鶴が太っていた理由を告白!「服がきつくなっていって…」

池脇千鶴が太っていた理由を告白!「服がきつくなっていって…」

池脇千鶴が太っていた理由を告白!「服がきつくなっていって…」

池脇千鶴

池脇千鶴が太っていた理由を告白!「服がきつくなっていって…」

高橋和也

池脇千鶴が太っていた理由を告白!「服がきつくなっていって…」

呉美保監督