俳優・女優 2014年03月17日08時00分

【関コレ】安田美沙子、プロポーズと入籍日を知らなかったのは私だけ!?婚姻届の保証人欄に両親の名!


【関コレ】安田美沙子、プロポーズと入籍日を知らなかったのは私だけ!?婚姻届の保証人欄に両親の名!

あらためて結婚報告を行った安田美沙子

 3月14日にファッションデザイナー・下鳥直之氏(34)と結婚したタレントの“みちゃ”こと安田美沙子(31)が16日、大阪・京セラドームで行われた『関西コレクション 2014SPRING&SUMMER』に、ウエディングドレスを連想させる純白の衣装で登場。

 ショーの合間に行われた囲み会見で、あらためて結婚報告を行い、プロポーズの秘話や「円周率婚」について語った。

 3月14日のホワイトデーに入籍したが、その理由は、「円周率の3.14にかけて永遠に続く」の意味が込められているが、「旦那さんが1年前ぐらいから考えて決めてくれました。数字が好きな方というか、3.14と円周率で永遠と続くという意味があるからどうしても3月14日がよかったみたい」と、幸せに満ちあふれた笑顔。

 そのためプロポーズは、3月9日に行われた『名古屋ウィメンズマラソン』を安田が走った後に、「お花とお手紙と指輪を頂きました」というと、その手紙は婚姻届で、なんと、保証人の欄にはすでに両親の名が書いてあったという。

 実は先に安田のご両親にはあいさつ済みだった。「知らなかったのは私だけで、私(に言う)より先に(両親のところへ)あいさつしに行ってたんです。そして、彼が何かを言う前に、父が先に『娘をお願いします』といったみたい。たぶん親も早くお嫁さんになってほしかったと思うし、『いい旦那さんでよかったね』と言ってくれてます」と、苦笑い。

 さらに、安田の事務所の社長さんにも「14日に入籍したいです」と、説得していたというほど、14日の入籍に強いこだわりを持っていた。

【関コレ】安田美沙子、プロポーズと入籍日を知らなかったのは私だけ!?婚姻届の保証人欄に両親の名!

今日はファッションショーなので1カラットの指輪はなし

 ちなみに、「どこまで円周率言えますか?」とのいじわるな質問には、「3.141592・・・までです」との照れ笑いに、会場も和んだ。

 入籍からまだ数日だが、何か生活に変化はあったのかというと、「本当に実感がなくて、普通に仕事とかしていたので、普通にお家でシチュー作って、むこうのお母様から送っていただいた振る舞い酒を一杯だけ飲んだりとか、昨日は、初めて二人で行った付き合った記念のレストランに行って、ささやかなお祝いをしました」と、照れ笑い。

 今日は、ファッションショーということで、旦那さんからいただいた「1カラット」の指輪は失くすといけないから持ってこなかったそうで、左手の指輪を見せて頬の脇にやる“幸せのポーズ”もおあずけ。

 お値段は、「聞いたら、やっぱ関西人(京都育ち)やなぁと笑ってました。(値段はその後も)教えてもらわなかったし、聞かんとこと思ってます」と笑顔。

 下鳥氏はメンズブランド『VICTIM』のデザイナーで、同ブランドは年商4億円とも言われているが、指輪は旦那さんのデザインではなく、ティファニーで作ったという。また、「玉の輿という印象は?」と問われると、「年商なんでね。でもすごく堅実な方なんで、そんな・・・」と、笑顔。

※写真提供JPニュース

 

【関コレ】安田美沙子、プロポーズと入籍日を知らなかったのは私だけ!?婚姻届の保証人欄に両親の名!

ウエディングドレスを連想させる純白の衣装

【関コレ】安田美沙子、プロポーズと入籍日を知らなかったのは私だけ!?婚姻届の保証人欄に両親の名!

幸せそうな笑顔

【関コレ】安田美沙子、プロポーズと入籍日を知らなかったのは私だけ!?婚姻届の保証人欄に両親の名!

両親も待ち望んでいたゴールインにVサイン